プロフィール

野菜ジュース

Author:野菜ジュース
はとぽっぽ 青空の空です。

ワカケに見せられた私、野菜ジュース30代嫁にいき遅れ女が、ワカケの魅力をたっぷりお届けできればいいなと思っています。

"青空の空"は我が家のワカケホンセイインコ(輪掛本青鸚哥)の紹介に使う言葉です。

はとぽっぽは鳩がぽっぽと鳴くようにあまり意味のないことを書いていきます。

このブログをリンクに追加してくらはい

家族

空

♦空♦

ワカケホンセイインコ♀

両者一目ぼれで我が家へ “PBFD”を患っているため翼と尻尾がない。優しい性格で人が大好き。誰の手にも乗れちゃうスーパーコンパニオンバード。人に指摘されるほどの頭でっかち。

太陽

♦太陽♦

ワカケホンセイインコ♀

わがまま放題し放題。 “お前の物は俺の物、俺の物は俺の物”がモットー。嫌いな人には頭を膨らませて睨む。初めての人には警戒する。管理人をこよなく愛する。

レモン

♦レモン♦

オカメインコルチノーパール♀

いつでもぼんやり。あたちには関係ないわ。頭さえ掻いてもらえばそれでちあわせ。おとしゃん大好き。管理人のことは天敵だと思ってる。

カレンダー(月別)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ゆかいな仲間たち&お気に入り

カテゴリ

スポンサーサイト 

--/--/-- -- --:-- - category:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- |  comment -- |  編集

PBFDのせつなさ 

2009/08/16 Sun 01:36 - category:PBFD


今日も、いつものPBFDの治療で注射をしてもらう為
豪徳寺のリトルバードへ行ってきました。
毎週土曜日の夕方の受診です。
リトルバードの感染症の受診枠です。

となると会う人は決まってきます。

でも、うちの空は毎週注射をしていますがお薬だけと言う方もいて、
毎週会う方もいれば、数回に一度会う方などまちまちです。

先週、待合室で他の飼い主さん達とお話する機会があり、
セキセイちゃんを2羽見せていただきました。
1羽は、ご飯が食べれなくなって、体重が減り続け、入院のギリギリ境目で
羽もおかしくて、尻尾も全抜け、体長なんて3センチ位という仔。

また別の飼い主さんのセキセイちゃんは
雛で飼ってきて様子がおかしいので検査したらPBFDで
もうとっくに大人なのに雛のままでこれ以上の成長は難しいという仔。

どちらもバリバリのPBFDで、PBFDは小型の仔ほど助かる可能性が高いようなのですが
どちらも雛での感染。雛での感染は・・・・完治が難しいのです。
出口が見えない病気、まして・・・どちらの仔も・・・小さいので儚げです。
ホント痛々しいです。

今週も、ご飯が食べれなくてとおっしゃっていたセキセイの飼い主さんと会いました。
実は空もご飯が食べれなくて、体重が7gほど落ちて、竜骨がガッツリ出てます。
もともと小さい個体で115g程度。それが、108gまで落ちてました。

なのでフォーミュラを食べさせなんとか体重が落ちないように、
好きなものでも食べてくれるようにとシードを用意したりとしてました。
それでも今週は107g・・・・orz
精密検査まであと1gです。

食が細いセキセイの飼い主さんもシードを一生懸命用意してるようなのですが
あんまり食べてくれないそうです。
夏ばてもあるみたいですが、病気もあるので飼い主にとって頭痛い問題です。

そして今日、新たに知り合った飼い主さんは
ウロコちゃんでまだ、目に見えた症状は出てませんが血液検査で陽性が出てしまったそう。
しかも、あまりのショックからか飼い主さんが体長まで崩してしまったとかで
とても青白い顔をしてらっしゃいました。
それほど・・・ショックが大きい病気なのですね。


私も病気が発覚した時はあまりにショックで落ち込みました。
でも、空の場合、羽以外元気で変わりないのです。
食が細くなってもフォーミュラを食べて、元気に外に出て遊ぶのです。

なので、最近では完治するのではないか?と希望さえ抱くようになってきました。
が、やはり小さい幼い仔は深刻だし、出口が見えないので不安も大きいのです。
取りとめがない日記ですが、ちょっと不安に、切なくなったので書いてみました。




192.jpg


↓ブログランキングに参加してみました。
出口が見えない病気に一縷の光を! ポチをお願いいたします。
IMG_0811.jpg

PBFDからの生還 

2009/07/31 Fri 15:23 - category:PBFD




PBFDでオオバタンのオスカーちゃんです。
彼女は12年前にある男性の元から動物保護団体が保護してきた仔です。
男性はバーベキューグリルの中で彼女を飼っていたそうです。

保護してきた時は半年ともたないだろうと言われていましたが
治療の甲斐あってか、彼女がよほどの幸運の持ち主なのか
こんな姿ですが生還したそうです。

もう立派な羽は生えてきませんが、彼女はとても明るい性格で
ダンスを踊ったり、愛護センターの家族の一員として仲良く暮らしているそうです。





このボタンちゃんは5歳になってからごっそり羽がぬけちゃったそうです。
うちの空ちゃんもいつかごっそり抜けちゃうのかしら・・・><

どんな姿でも、生きようとしてる仔なら支えていきたいな。



最後はオカメに求愛するワカケ。

やはり男の子ならオカメと一緒でも大丈夫なのか・・・・
おなごはこの距離は危険だと思います~


↓ブログランキングに参加してみました。
どんな姿でも中身はラブリーな空ちゃんで居てね、ポチをお願いいたします。
IMG_0811.jpg


この記事に対するコメント

Copyright 青空の空 ©all rights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。